胃・大腸 内視鏡検査 Endosopy and colonocope

2018/08/06 │ 新着情報

 ほとんどのケースで鎮静して行いますので、検査中の苦痛はほとんどありません。ただし、検査後安静の時間が必要となり、お車、自転車の運転は、おやめ頂きます。胃十二指腸ファイバーは鼻からで細く苦痛が口から内視鏡より断然楽です。

   港区検診 胃がん 検診で内視鏡が50才以上 2019年3/31に偶数の年の方は、内視鏡を選べます。鎮静剤は使用できません。生検では、保険診療の一部で負担金が生じます。

  大腸内視鏡は、一度 診察をして、採血、下剤の飲み方の説明と検査の日程を決めます。血便のある方は、痔がないかの診察もあります。検査は、ほとんどの方は、鎮静して行います。

We provide trans-nasal endoscopic examination  for stomach with sedative condition.  We do also colon fiberscope with sedative condition.  Therefore no driving a car nor bike after the examination.        

Residence in Minato-ku can have stomach cancer screening by fiberscope for free, but no sedative medicine can be used for your safety. Those are supposed to be older than fifty but should be even number age in March 31, 2019. Thank you

 
 
 
PAGETOP